中京大学 経営学部

渡辺ゼミナール 現地現物(ものの見方・考え方)教員紹介

プロフィール

渡辺 丈洋(わたなべ たけひろ)

1957年、東京都千代田区生まれ。東京大学法学部卒業、トヨタ自動車で長く働き、UCLA経営大学院(MBA)派遣、生産・原価管理、海外工場の運営、東日本大震災の現地隊長などを経験しました。2015年から専任教員です。専門はトヨタ生産方式で、「中小企業のIOT」や「物流企業の生産性向上」などの日本の課題にも、企業と一緒に取り組んでいます。

趣味は、サッカー観戦と、スカッシュ(中京大学Squash顧問兼球出し)等です。不機嫌な顔ですが、話しやすい人とも言われます。苦手なものは、仕事とゴキブリです。子供達は独立し、妻とネコとの生活です。

1.ゼミの概要およびスケジュール

  1. 狙いは、社会人の基礎となる、「気付いて、考えて、チームでものにする力」磨きです。
  2. テーマは、「現地現物」。企業訪問をし、働く人・企業活動を理解する、少子高齢化社会などのキーワードを、身近な事例を交えて理解するのもその例です。活動を通じて、現地現物の力を身に付けましょう。3年生の秋学期に、ある大企業に価値提案をするプロジェクトもあります。そこで力試しをしましょう。
    参考までに、今年度のゼミ卒業生のインタビュー(中京大学入試広報)を貼っておきます。
    https://nc.chukyo-u.ac.jp/taigensha/vol8.html
    ゼミを通じて、行動力と、現地現物の姿勢が身に付いたとの事でした。
  3. 運営は、課外活動も含め、皆さんのチームが中心です。準備も含め、企業訪問・キーワード研究などの活動と、プレゼンテーションとディスカッションをして、考える力、チームで動く力を高めます。
  4. 卒業論文は、好きなテーマにじっくり取り組んで下さい。

2.選考方法および選考基準

⓪ 説明会(3.説明会日程参照)

この募集要項を読み、まず説明会に参加下さい。弁当持ち込み可です。ゼミ生の話も聞けます。

① 研究室訪問(予約優先)

説明会で提示する予約表に記入し、研究室訪問に来て下さい。ゼミ生とともに、疑問等にお答えします。ゼミの雰囲気も分かります。

② 応募

11月 8日(金)が応募の(申込み期間)の最終日です。
ALBOで応募すると同時に、必ずエントリーシートを提出下さい。

③ 面談

応募して貰った人と、11月11日(月)~ 15日(金)の選考期間中に面談し、意思確認して決定します。

 「楽しく、本気で学びたい」人に集まって貰いたいです。
ゼミとして、皆さんに選んで頂くと共に、以下の事を重視します。


① ゼミ活動への本気度

単位が欲しいだけの人には向きません。ゼミは面倒くさいものです。活動時間を他のメンバーと合わせ、毎週頑張る人を歓迎します。

② 行動力

他の人もいるから何とかなるだろ、っていう人にも向きません。当事者意識を持って、率先して取り組む人を歓迎します。

③ 社会に出て行く意欲

情報はネットに転がってるし、という人にも向きません。情報を現地現物で自分の知識に変換する意欲を持った人を歓迎します。

※在学中の留学と帰国後のゼミへの復帰は歓迎します。(実績もあります。)
※「トヨタ生産方式」(春)・「サプライチェーンマネジメントとIEの基礎」(秋)を受講して下さい。

3.説明会・質問の対応について

説明会

各週、曜日を変えて説明会を行います。

日程 時間 場所
10月10日(木) 昼休み 532教室
10月18日(金) 昼休み 532教室
10月 23日(水) 昼休み 532教室
10月 28日(月) 昼休み 532教室
11月 5日(火) 昼休み 532教室

この募集要項を読み、まず説明会に参加下さい。弁当持ち込み可です。ゼミ生の話も聞けます。

4.学生へのメッセージ

長い実務に基く私の経験値と、社会の入口に立つ学生の、不安とエネルギーを持ち寄って、「考え行動するあなた」を強化するゼミを、迷いながら作り続けています。色々な人の疑問が、アイデアや行動になるのが、社会や会社です。その予行演習です。ゼミの時間だけでなく、結構忙しくなりますが、やってみませんか?