社会連携

株式会社フタバ化学中村ゼミナール紹介

概要

 名古屋市に本社を置く化粧品メーカーの株式会社フタバ化学と産学連携で開発したアロマハンドジェル「香っ手(かおって)キレイ」(フレッシュシトラスの香り)を商品化しました。
 開発した商品のコンセプトは、「アロマの香りでリフレッシュしたいとき、手を清潔にしたいときに、いつでもどこでも手軽に利用できる携帯性の高いハンドジェル」です。この商品は、勉強や仕事中でもフレッシュシトラスの香りでリフレッシュできる、手洗いのできない電車の中などでも簡単にアルコール洗浄できる、保湿成分アロエエキスが手をしっとりさせる、と3つの効果を合わせ持つ新感覚のハンドジェルです。学生自身が求める商品イメージをもとに、約300人を対象としたマーケティング調査を実施して需要の裏付けを取ったうえで提案し、技術力で定評のあるフタバ化学の厳しいチェックを経て生まれたものです。
 商品は携帯しやすいよう40mlの小型サイズ(税込み500円)とし、通販サイト、コンビニ、中京大学内で限定販売しました(現在は販売終了)。
 学生たちは商品開発の提案にとどまらず、ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどで本プロジェクトの進捗状況や開発経緯等の情報を消費者やメディアに向けて定期的に発信するなど、プロモーション活動も行いました。

香っ手キレイ

(コンビニで発売された開発商品「香っ手キレイ」)

フタバ化学本社での会議

フタバ化学本社での会議

ニーズ調査結果の一例

私たちが企画しているアロマハンドジェルがあれば使ってみたいですか?

使ってみたいという意見が7割を超えることから、アロマハンドジェルのニーズがあることが分かる。(図1)

好きな香りはなんですか?

男女共に、柑橘系を好む傾向がある。(図2)

円グラフ

(図1)

棒グラフ

(図2)