中京大学 経営学部

経営学部 入学者受け入れの方針

経営学部は、「中京大学の建学の精神」「中京大学の理念」、および学部が定める「教育研究上の目的(理念・目的)」に賛同し、また、以下に示す知識・技能・意欲・態度などを有しており、それを土台に学びを昇華させる意欲のある人を広く求めています。

入学者に求める知識・技能・意欲・態度

知識・技能

経営学部では、「各種組織体経営に関する全般的、基礎的知識と高度の専門的知識を獲得し、さらに問題を発見し分析・解析する能力、コミュニケーションを図る能力を身につける」ことを目指しています。
経営学の学習対象の中心は現代社会における各種組織体であり、それらを取り巻く環境の経済的、歴史的、社会的、国際的理解が不可欠です。また、組織体が抱える問題を解決するためには、ときには数学的なアプローチが必要となります。これらの知識を理解し、また発信するには日本語力はもちろんのこと、英語力も不可欠となります。以上の理由から、高校における各科目の基礎学力を身につけておくことが望まれます。特に、経営学部の特徴である国際化に関する科目を積極的に履修することを希望する人は、英語に関しては高い学力が必要とされる点に留意してください。
また、商業高校等専門高校の生徒は、専門科目を学習していることは、大学での講義の理解を深めるのに有益であるため、それらの科目の知識をしっかりと身につけるように心がけてください。
さらに、経営学部では、問題発見能力やコミュニケーション能力などを高めるために、グループ・ディスカッションに取り組む講義も準備されているため、他者とコミュニケーションを図り、自身の意見を表明する意志を持っておくことが望まれます。

意欲・態度

経営学部では、大学での充実した学びを達成するために、以下のような入学希望者を求めます。

  • 各種組織体の経営や、そこで仕事をすることに関心がある
  • 各種組織体を取り巻く社会の様々な環境に関心がある
  • 広い視野で多様な文化を理解することに関心がある
  • 問題を主体的に発見し、分析・解析することに挑戦する意志がある
  • 自分の考えや意見を、プレゼンテーション・討議・交渉で伝える意志がある
  • 将来、ビジネスにおけるプレゼンテーション・討議・交渉を英語でも行えるようになりたいと考えている