中京大学 経営学部

川端ゼミナール(企業経営の問題解決力の養成)教員紹介

1.ゼミの概要およびスケジュール

川端ゼミでは、 主に論理的思考力と問題解決力を基礎力として、ビジネスモデル等企業経営について学びながら、 企業経営の分析力・問題発見力・課題および解決策の提案力を高めていきます。 ゼミでは企業経営の実際についての理解を深めていくために、 様々なテーマに関してプロジェクトを実施します。

ここでは、 数名のグループを形成して、 皆さんが企業における経営企画の担当者あるいは企業経営の改善を支援するコンサルタントとして、経営者に対して改革案を提案することを想定しています。そのうえで、分析・問題発見・課題および解決策の提案について実践経験を積むことで企業経営に関する理解を深めるとともに自ら経営を考える力を高めていきます。また、情報収集、 資料作成、 プレゼンテーション、 ディスカッション、 チームワーク、そして論理的思考(ロジカルシンキング)・問題解決などビジネスパーソンとして不可欠な能力を身に着けていくことを目指します。 対象企業やトピックについては柔軟に考えており、 戦略・組織改革・国際経営や商品開発も含めチームメンバーで自主的に設定しています。

同様の取り組みは、希望者を募り、他大学との合同ゼミという形で現役のビジネスマンの招聘あるいは企業に訪問し、より本格的な提案活動を実施しています。 その他ビジネスコンテストなど、 やる気のある人にはどんどん機会を作っていきます。 また、 現在企業で働いている人を外部講師として招聘し、 業界や職場の実際について語っていただいています。

ゼミでは勉強でもその他イベントでも、 皆さんが主体的にそれぞれの役割を果たし、 積極的に発言し、 メンバーとの協力を通して取り組んでいってくれることを期待しています。

2~3 年

企業経営 (論理的思考、問題解決、 ビジネスモデルなど) に関する文献の輪読、 発表、 議論。

プロジェクト:4~6 人のチームを作り、 チーム単位でプレゼンをして、 ゼミで討論します。 実践を通じて企業経営とその改革についての提案力を身に着けていきます。

その他、 企業見学、 外部講師の招聘、 大学間合同ゼミ等

4 年

春学期:業界・会社研究、 卒業論文指導 (構想) /秋学期:卒業論文あるいはチーム成果物作成指導

2.選考方法および選考基準

<選考方法> ALBOに記載されている志望理由を基に判断します。
<選考基準> 大学で学びたいことや将来への展望を踏まえ、何故志望するかについて明確・論理的で納得感・説得力のある志望理由を優先し選考します。また、説明期間中の訪問や訪問時におけるやりとりも考慮に加えます。

3.説明会・質問の対応について

説明会

説明会はすべて14号館306号室(研究室)で実施します。
日時は以下のとおりです。

日程 時間 場所
10月9日(水) 12~13時 14号館306号室(研究室)
10月10日(水) 11~13時 14号館306号室(研究室)
10月15日(火) 12~13時 14号館306号室(研究室)
10月17日(木) 11~13時 14号館306号室(研究室)
10月23日(水) 12~13時 14号館306号室(研究室)
10月24日(木) 11~13時 14号館306号室(研究室)
10月29日(火) 12~13時 14号館306号室(研究室)
10月31日(木) 11~13時 14号館306号室(研究室)
11月5日(火) 12~13時 14号館306号室(研究室)
11月6日(水) 12~13時 14号館306号室(研究室)
11月7日(木) 11~13時 14号館306号室(研究室)

E-mail

メールアドレス 川端 勇樹

4.学生へのメッセージ

ゼミではプロジェクトをはじめ企業経営について自ら考える力をつけることを重視しますが、 そのためにはしっかりとした知識の習得も必要です。 教材を通してじっくりと学習・ゼミ生間で議論して知識を深めること、 それを活用して経営問題の解決策を提案する力をつけていきたい方に応募していただきたいと思います。
大学生は、ゼミや講義の他にも、部活・バイト・その他の活動も多くあります。これらを両立させながら、大学で最も専門性を高めるゼミ活動ができるように、担当教員として 皆さんの学生時代を充実させるべく一緒に取り組んでいきたいと思います。