中京大学 経営学部

梅田 守彦 教授教育研究活動データベース

メッセージ

大学生のときにもっと勉強しておけば良かったと、学生時代の友人のほとんどはそのように言います。もちろん私だってそれは同じです。大学の授業でなくてもいいから、君たちには何か好きなこと・興味のあることに真面目に取り組んでもらいたい、といったアドバイスを私自身も30年近く前に受けたのですが、そのときはたんに聞き流しただけでした。

もしここで私が同様の言葉を投げかけたとしても、みなさんの多くはかつての私と同様の態度をとるのでしょうね。私たちの多くもそうでしたからあまり偉そうなことは言えませんが、あとになって悔やむことにならなければいいですね、というのが自分自身への反省も少し込めたオジサン世代の実感です。

E-mail

メールアドレス 梅田 守彦

プロフィール

略歴

1958年神戸市生まれ。
高校までを神戸で過ごし、大学・大学院時代は東京、そして大学に職を得てからは愛知・岐阜に住んでいます。いずれもそれなりに長く暮らした関西・関東・中部がほどよくブレンドされていれば良かったのでしょうが、人に言わせるとどうもこてこての関西人にほかならないようです。

かつては、経営管理のための会計情報の利用といったあたりをテーマにしていましたが、大学教育に関する雑誌の編集のお手伝いをしたり、私立大学に対する政府からの補助金を増額して欲しいという活動に少しばかり参加したりしているうちに、私自身の関心は大学の行財政や大学の経営といったあたりに移っていきました。

教育・研究テーマ

担当科目

経営学部
会計学 I・II、ゼミテラシー、ゼミナール

経営学研究科
会計学研究(博士前期)
論文指導演習(博士前期)
企業会計特殊研究(博士後期)

研究テーマ

大学の行財政、大学の経営

ゼミテーマ

まずはとにかく本をたくさん読んで、視野を広げるというところから始めよう。

梅田ゼミナール紹介